2010年05月13日

B型肝炎訴訟、和解協議へ=勧告受け最終調整−政府(時事通信)

 集団予防接種の注射器使い回しでB型肝炎ウイルスに感染したとして、患者らが国に損害賠償を求めたB型肝炎訴訟で、政府は6日までに、裁判所の勧告を受け入れ、和解に向けた協議に応じる方向で調整に入った。近く関係閣僚で協議の上、最終判断する。
 ただし、政府内には財源問題を中心に慎重論があるほか、原告側との条件面の話し合いが難航する可能性もあり、一気に解決に向かうかは不透明だ。
 厚生労働省はB型肝炎患者・感染者を110万〜140万人と推計。このうちの予防接種による感染者数は分からず、長妻昭厚労相は訴訟の影響を「戦後最大級の規模」としてきた。
 集団訴訟は2008年3月以降、計420人が10地裁に提訴。国側は因果関係が不明などとして全面的に争っていたが、札幌、福岡両地裁が今年3月、相次いで和解を勧告。大阪地裁も翌4月、和解による解決を促した。 

パロマ中毒死 11日判決 遺族「安全対策の不備認めて」(毎日新聞)
酔って小学校で暴言、市議リコールの投票告示(読売新聞)
<転落死>4歳女児、誤ってホテル6階客室から 姫路(毎日新聞)
富士山 青木ケ原樹海で清掃ツアー ごみトラック2台分(毎日新聞)
「αリポ酸」で震え、めまい、動悸 「サプリメント信仰」は危険(J-CASTニュース)
posted by ナカノ キヨイチ at 01:30| Comment(14) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。