2010年04月24日

仕分け 独法の無駄追及 第2弾 労政研究事業は廃止 (産経新聞)

 政府の行政刷新会議(議長・鳩山由紀夫首相)は23日午前、東京・日本橋の貸会議室を会場に「事業仕分け第2弾」に着手した。今回は104の独立行政法人(独法)のうち10府省所管の47法人、151事業が対象。枝野幸男行政刷新担当相や民主党の蓮舫参院議員ら「仕分け人」が23、26〜28日の4日間にわたり、行政の無駄の洗い出しを進める。

 平成22年度予算案を対象にした昨年11月の仕分け第1弾は、公開の場で「予算の無駄」に切り込んでいく様子が世論の関心を集め、鳩山内閣の支持率を下支えした。今回もインターネットの生中継も交えながら、同じ手法で行政の無駄を洗い出すことで、政権浮揚につなげたい考えだ。

 鳩山首相は同日朝、「国民が大いに期待している。長年の天下りなどのあかを完全に洗い流し大掃除をしてもらう」と強調。枝野氏も作業の開会式で「行政を透明化し、無駄遣いをやめさせることが国民の信頼を回復する唯一の方法だ」と述べた。

 初日の仕分け作業では、沖縄科学技術大学院大学(沖縄県恩納村)の設置準備にあたっている「沖縄科学技術研究基盤整備機構」の運営委員会の経費が「縮減」と判定。厚生労働省所管の労働政策研究・研修機構は研究事業に関して廃止と判定された。午後は国際協力機構(JICA)の運営費や、住宅金融支援機構の住宅ローン分野での民間との競合の是非を検討する。

 政府は今回の仕分け結果を、5月にもまとめる独法の制度改革案に反映させる方針。公益法人が対象の後半戦は、5月下旬に行う予定だ。

                   ◇

【用語解説】独立行政法人

 国が直接実施する必要はないが公共性の高い事業を行う機関。国の組織から分離されたものや、特殊法人から転換したものがあり、中央省庁再編に伴う平成13年4月の発足時は57法人だったが現在は104法人ある。20年10月時点の常勤役員505人のうち、過半数の254人は官僚OBの天下りか、現役官僚の出向者が占めていた。

<メトロ千代田線>電車動かず 一時不通 5100人影響(毎日新聞)
「外の敵は怖くない」=小沢氏(時事通信)
「本当は二大政党の発展が…」福岡知事、新党ブームを批判(産経新聞)
<日本医師会>会長選を直接選挙に…原中会長(毎日新聞)
<絵はがき>正岡子規の孫、子規の叔父・加藤拓川コレクションの一部公開計画 (毎日新聞)
posted by ナカノ キヨイチ at 02:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。